顔が見えると良いかもしれない

ライムが来たわ〜!





大変なんですう、ライム。
大好きですけどね。
去年は一個一個がものすごく小さくってね、段ボールを開けたとたんに「ちぃっちゃ〜〜いっ!」て叫んじゃった。
ほとんどがカボスサイズなんだもの。
皮をむくだけでも一苦労なんだもの。

そんな風にぼやくのを、送って下さった農家さんは知ってか知らないでか伝票の裏に「小さいけど煮てみて下さい」的な励ましの言葉を記しててくれたわ。
不作だったこの年は段ボール一箱に10kgとちょっとが入ってたかしら。

そんなだからね、熊本の農家さんから「ライム送ります。20kgで良いですか?」ってメールがきたときは複雑な気持ちになったわ〜。
カボス大のミニライムが今年は20kgですか…。
大好きなライム。だけど作業が大変だもん、20kgじゃ多いかもしれないわ…。
でも、でも、ライムのマーマレードは人気あるわよ。なるべくたくさん作った方が良いはずよ。
なあんて頭の中で一瞬考えが巡ったけど、返信は「お願いしまーす!」に決まってますよ。
お誘い(?)は断らないタイプだもの。

さあて、数日後にやってきたライムは、なんと意外にも去年より格段にサイズアップしていてお肌もツルリピカリときれいだったから、自然と頬がゆるんじゃう。
段ボールを開けてからただよっているキリッと青いライムの香りをむねいっぱいに吸い込んだら、今度はライムの中に両手をザックとつっこんでかき回すと、また香りが立ち上ってくるの。
1年ぶりの香りよね。
このときばかりは作業が大変だなんだってグチは吹っ飛んじゃう。
ライムがもう可愛くってね、たまらないわ。
でね、そんな気分と同時に農家さんのことも思うのよ。

ライムを送ってくれる農家さんは熊本で柑橘類を何種類もつくっているみかん農家さんでね、もうずいぶん前に一度だけご挨拶に伺っていて、ほんの数時間を過ごしただけだけど、みかんが届くたびにお顔やそのときのエピソードを思いだすわ。

お付き合いのある各地の農家さんにはなるべくご挨拶に伺えるといいわ。
顔を合わせておいた方がお仕事がしやすいし、それからどんな方が栽培されているかの興味もあるの。
毎年少しずつ増えていく果物農家さんの全員をまわるにはまだまだ時間が必要だけど、順番に訪ねていくのが目標で、楽しみでもあるの。





ツイッターで知合ったのがきっかけで、一度吉祥寺でのイベント販売までジャムを買いに来てくれた方が、先日新しい工房を訪ねてくれたの。
岐阜県で農業をするという彼女は、まえに吉祥寺で会ったときとは雰囲気が違っていたから「今日は女の子っぽくて可愛らしいわ〜」なんて言うと、お友達の結婚式に参加するためにお化粧をしてもらったせいじゃないかしらって、恥ずかしそうにしてたわ。
彼女はジャムやお菓子を買われてから、おもむろにお土産といって紙袋に入ったお米をくださったの。新米ね!

さっそく炊いていただいたお米のおいしかったこと。もっちりピカッと立っててね。
こんなにおいしいお米を作ってるなんて〜。すっごいわ〜。
軽くはないお米を岐阜から旅行バッグにつめてきて大変だったでしょうに。
彼女に、しみじみありがたい気分になったわ。
お米ってことがなおさらありがた味、ひとしおだったわね。


なんでしょう?



まだ会ったことのないアベさんからの紅玉!



スーパーで買い物をすると最近はビニールパックに生産者さんの顔写真をのせる商品を多く見かけますよね。
買い物かごに入れるときにその顔写真をチェックする事ってないけど、なあるほど顔写真は岐阜の彼女からお米を手渡された時のような、作り手を身近に感じさせる効果もあるのかもしれないのね、などとこのときに思われたりしたわ。

「生産者の顔が見える」とかのフレーズが、市やイベントでの直接販売から始めてるエバジャムにも使われることもあるのに、想像力のないワタシには今ひとつピンとこなかったのが、岐阜の彼女にお米をいただいたことから「生産者の顔が見える」ことの良さやありがたさを今さらながら体験したような気がするわ。

エバジャムの直接販売についていうと、ただ出来ることは出来る範囲で「ジブンでやりたい!」っていうふてぶてしいジブン主義なのよね。
明日もまた工房販売の週末よ。
だんだん寒くなってきて朝の目覚めはにぶる一方でも、ジブン主義全開でオープンさせるのよ。
フフフ。








飛び込んでくるよ、突然に。

「コン、コン!」入り口をノックする人がいるわ〜、郵便屋さんじゃないみたい。
なあに?今日は仕込みの作業日で工房販売の日じゃないわよ〜。はい、はいぃ〜。
戸を開けると、「今日はお休みですかぁ〜?人が見えたのものだから〜。」って。あらお客さんだったのね。
そう、こんなふうに販売の日でなくても人影が確認されるとお客さんが飛び込んでいらっしゃるわ。一応、工房販売日は土日曜日で平日は作業日ということを伝えるの。
それから「お近くからですか〜?」とか話しをふると定休日なんかは確認せずに2駅先あたりから自転車でフラッと出かけてらっしゃる方とか、明日の早朝に出発するのでお土産に今欲しいのとか、とにかく人影があったからとか、みなさん言い訳は様々なのね。
もちろん棚にはジャムが並んでいるんですから、この中からだったら選んでいただけますよ〜って、お買い上げ頂くのね。

女の人って忙しいのよね。
だからちょっとした隙間に出来る事をつっこみたいのよね。買い物の途中とか、ふっと出来た時間を有効に使いたいんでしょう?あら〜、結局ジブン都合ね〜。それってわがままよ〜。
だけどわがままなお客さんてわりと好きよ。
なあんて、かく言うワタシも何度となく閉店したお店に滑り込んだことがあるから、ジブンを正当化したいのかもしれないわ。

今のようにひらけた工房を持ってから期待以上にいろんなことが飛び込んでくるの。
先週は(ハッ…マガジンをサボってばかりなので、時差が…。)かなりの目玉飛び込みがあったのよ。
それは、これ!
じゃ、じゃーーーぁん!


なんだか分かるかしら!?
これはアレ、あこがれのサルナシなのよ。
サルナシって聞いたことあるかしら?
キウイの原種なのよ。
もっと近づいてお見せしましょうね。


ホラね、キウイにそっくりでしょ。
果皮の毛はないけどそっくりでしょ。
それではもっと近づいて、果肉もご覧下さいませ〜。


キャー、かわいい♡
まるでキウイですね。直径は1.5センチくらいなんですけど。
種はキウイに比べるとかなり少なめね。

このサルナシはご近所に住んでらっしゃるお客さんから届いたの。
新潟県産だそうで、このサルナシで地域おこしをはかって栽培に力を入れているとか。あら、新潟っていっても広いわよね。どちらの地域か聞いとかなくっちゃいけないわ。
とにかく新潟のどこかではサルナシで盛り上がって行こうって意欲だそう。なんだけど、どうやら使いあぐねてらして、そのお客さんにアイディアを求めてサルナシを託したらしいのね。
そのサルナシがエバジャムに回ってきたというわけよ。イエイ!
サルナシはすでに煮終わっているの。おもしろいジャムになってるんだけど瓶詰めにするほどの量はなくて、どうやって使おうかしら。

ワタシがサルナシに初めて出会うエピソードをずいぶん前にマガジンに書いてるので、お時間ある方はコチラもお読みになってみてね。

ところでみなさんはもう今年のリンゴは召し上がったかしら?
エバジャムでは第1弾の紅玉がジャムになったわよ。
ピカピカとつやのある紅い果皮の色と、キュンと甘酸っぱい香りが何ともたまらない紅玉の第2弾がカウンターに鎮座してるの。


その紅玉が通りからも見えたようで、飛び込んできた方がいたのよ。
どんどん!と戸をたたく音にびっくりして、また慌てて出て行くと見知らぬマダムが「通りがかったら山盛りにリンゴが見えたからっ〜。」って言うから、「あれはジャムにするの。」ってワタシが答えるのは耳に入らないようで「あのリンゴ、売り物じゃないの?売ってもらおうと思ったんだけど〜」ですって。
売り物じゃないんですよって言ったら、残念そうに帰っていかれたわ。
ヘンなの。
ウチはジャム屋ですってばー!と内心思ったけど、ムッとなんかしてられないわ。忙しいんだから。

ね、西久保の交差点はいろんなことが飛び込んでくるしょう?



 

夏ミカンの国へ!

こんにちは、エバです!
また、お久しぶりでございます!

えっと、いつまでも暑いものだから、季節の移り変わりなんて言葉を忘れそうになっていましたけどぷわんと香る金木犀の香りが秋の訪れを気付かせてくれましたね。

エバジャムはといえば夏を命からがら乗り切って、いまは実りの秋を乗り切ることに精一杯でございます。
秋の実りビッグウェイブがどんなかって言うとねえ。
夏の終わり、秋の気配を感じる頃に登場するプラムはその名も秋姫。これは桃と杏とプラムを足したような味わいで初めて食べたの。おいしいの。
それからイチジク。みんな大好きイチジクジャムですもの、はずせません。
それからぶどうね。久しぶりに煮たゴルビーって珍しい品種から始まって、ピオーネと、タネ取りが過酷なべリーAのすでに3品種。これからまだ何品種か来るの。
以上をカメラを向ける暇もなく次から次へと煮てったわ。写真を撮る間も惜しんだって言ったら忙しがりすぎかしら。毎日が残業なのよ。

果物の収穫時期はワタシにはコントロールできないからね、農家さんが送るわよ〜と言ったらそれに従うしかないの。
なあんて、この忙しい実りの季節に旅行の計画をたてて、さらに忙しい状態に追い込んだのは他ならぬ自分なのよねえ。テヘッ!

そう、10月の半ばに山口県に行ってきたんです。
友人が住んでいてずっと誘われていたのと、夏ミカンの国、萩にも行ってみたいと思ったの。
加えて温泉もあれば言うことなしよっと、調べてみると山口は温泉天国でした。まあねえ、日本が温泉天国ですもん、当たり前にどこへ行っても温泉には出会えますね。
それでも場所によってお湯は全然違うもん、どんなお湯に入れるかしら〜。リサーチ、リサーチ。
やっぱり温泉宿に泊たいわ。宿に温泉があれば1日3〜4回は温泉に入れるでしょう。

宿の選び方って人によって様々でなのしょうねえ。
ワタシは源泉掛け流しにまずこだわるわ。
次に食事ね。おいしいのが良いけど、食べきれない量を並べられたらプレッシャーに耐えられないわ。贅沢じゃなくていいからちゃんとしたものを食べきれるだけのが嬉しいの。
そして萩は三方を海に囲まれる山口の日本海側だもの、オーシャンビューのお部屋にもこだわったの。海が見られたら、波の音が聞けるなら、いつでもご機嫌だわ。

お湯が良さそうなこととオーシャンビューの宿、そして値段が安いということで選んだのが「萩の浜」ってホテルでね。
なんてったってオーシャンビューだから気分は上々だけど、リーズナブルなホテルだからお部屋の様子はどうってことないのよ。
食事の方もなんてことないものだろうと期待はしてなかったの。

さて夕食のテーブルにならぶのは煮物に焼き物、揚げ物にお刺身でさすがに日本海を目の前にしてるだけあってお魚がふんだんに使われてますね。
順々にお料理をつついていって、お、ど、ろ、き!なんてお刺身のおいしかったこと!
ワタシ、お刺身ってほとんど美味しいと思ったことがないの。だからほとんど食べないんだけども。
お刺身をウリにしているちょっとした居酒屋に行っても一緒の人が頼みたいならどうぞ、と消極的よ。
だからいつものように疑いの目つきで並んでいる白身尽くしのお刺身をちょいちょいつついてみると、なに!?なんですか?この歯ごたえは!このあま〜い味わいは!
スズキにヒラメに、タイだったかしら〜。
たまにしか食べないお刺身だけど普段食べる物とは格段に違ったの。
小さな漁港が点在しているのを翌日の沿岸ドライブで見て、納得したわ。
とにかく漁場が近いのね。だから新鮮。新鮮は美味しいってことですね。

そしてもうひとつ、選んだ「萩の宿」は温泉がかなり良かったの。
ここは自家源泉だそうで、探した海辺の宿には自家源泉をうたった宿は「萩の浜」だけだったので、それが宿決定の決め手になったのよ。

どんなお湯だったかっていうと、初めてあじわう塩っぱさだったのよ。
無色透明のお湯がボコボコと泡立つジャグジーに入ってみて、びっくり。蒸気に含まれる塩分でむせるくらいだったからよ。
なにこのお湯〜とペロリとしてみてその塩っぱさに驚いたの。
海辺の温泉だものそりゃ塩分を含んでるだろうけど、経験のない塩風呂だったわ。
あの塩温泉で丸ごと1本のキュウリを漬けてみたら、けっこう美味しく漬けられるんじゃないかしら。温泉漬けキュウリ、イケルと思うわ〜。

この塩温泉は、山口旅行の間に入ったほか2つの温泉よりずーっと温泉の”効き”を感じたの。
「萩の浜」はたいした宿じゃないけど(失礼!)お湯の良さはピカ一よ。

おっと、期待していなかっただけにお刺身とお湯の良さでけっこう気に入った「萩の宿」のことばかり話してるわ。
むしろ、萩は夏みかんの国ってことでジャム屋的な収穫を期待したいところよねえ。


そう、萩は夏みかんの国ですもの、材料となる夏みかん入手ルートが作れるかも?なあんてつもりもあった旅なのです。
が、10月は夏みかんの時期ではないもんね。道の駅に行ったって実が並んでいるわけでもなく、そうなると農家さんにあたる確率もグッと低いわけで、今回は材料ゲットとはならなかったの。
残念だったけど、休暇として十分楽しんだわ。

それでも行く先々の夏みかんアイテムはチェックしたわ〜。
食べられるのから食べられないのまでね。


まずは萩に到着して一番に訪れた光國本店は夏みかんの缶詰マーマレードと夏みかんの砂糖菓子のみを、しかも本店の1店舗のみで販売する老舗です。
こじんまりと、そして清潔感あるお店の横にはお店の何倍もある工房がひかえてました。工房には入れてもらえなかったけど、工房脇にならぶ青切りの夏みかんをチラ見〜。
この青切り夏みかんも皮が砂糖煮になるの。



レンタル自転車で街をぶらぶらしていると、柑橘類の加工品を製造販売するお店の壁には夏みかんのタイル画が。



そして城下町の散歩で寄った木戸孝允旧宅にも美しい夏みかんの木が植わっていたわ。
萩の城下町は日本海からの海風がつねに吹いて、とても気持ちいい街ね。



日本海というとつい東北の、ドッパーーンと岩に打ち付ける波、黒い海ってイメージだったけど山口の日本海はそんなじゃなかったわ。お天気だったせいか水は真っ青で波は真っ白。砂浜はサンドベージュか白い色で、とても明るい海だったの。吹いてくる風もすがすがしいわ。
今度は瀬戸内側の山口も覗いてみたいわ。
次はちゃんと夏みかんの時期にあてなくちゃね。












愛しのボニータ♡




 


とんちピクルスさんがエバジャム工房に来て下さったのがもうずいぶん前のことのよう。
エバジャム工房での初イベント、とんちさんライブ「秋のエバジャム音楽会」にはご家族連れで近所の商店の方たちや、いつものお客さん、友人たち、それにふらっと立寄られた方々でわいわいと賑わったわ。
あの夜は、もういつのこと?
前日金曜日の仕込みを終えてから、写真のとんちさん頭上に揺れるランプシェードを夜なべして作ったのよ。とんちさんを赤く照らしたかったからよ。

1週間の時間の経ち方ってこんなだったかしら?と毎週末に思うわ。
色んなことが日々にあるのに、余韻を楽しむ間もなくサッサと毎日が過ぎくわ〜。
これって、どうなのかしら?
二ヒル牛マガジンの更新も、1週すっとばしてます。
すみません。

そう、工房販売開始からいまだにぺ−スがつかめないままです。
毎日がくるくる慌ただしいんですよ、てことはここのとこのいつもの言い訳になっちゃってるわね。
そう、だってね、そろそろ今週も閉めるわよって日曜の閉店時間まぎわに電話が入って思わぬ仕入れをすることになったりするんです。
これはオープンなスペースを持ったお陰だとは思ってるのだけど。
さて、ある夜の戦利品はこれよ。
ド〜〜〜ン!


かわいいボニータ!
そうボニータって初めてお目にかかる品種なの。
届いてすぐに味を見させてもらうと皮と果肉がクッとしまって、酸味が爽やかだったわ。
火を通すとおいしくなる品種じゃないかしら。

さてこのトマト、写真でご覧になってわかるかしら?ミニトマトよりはあるもののかなり小ぶりなのよ。種取りの苦労を思って尻込みしちゃうわ。
それでもね無農薬栽培だってこともあるし、初めての味わいが面白くって腕がなるってもんなんですよ。
なんてたってボニータって名前が気に入ってるわ。

夜に届いたトマトは数日は常温保存が出来るそう。
数日は追熟もかねて寝かせておきましょう。前の週に煮たゴルビーって品種のぶどうに梨を2割ほどまぜたジャムの瓶詰めをし終えたら、とりかかるのよ。
それに、ボニータを煮るまえにやっとかなきゃならないのは、まずレモンの皮の下処理なのよ。






この時季はまだレモンが少ない季節なんだけど、今年はワタシには運よく(でもミカン農家さんには運悪く…)台風で折れたレモンの枝から収穫した青いレモンをたくさん届けてもらっているからね。トマトジャムにはレモンの果汁と皮をたっぷり使うからね。
レモンの皮は薄〜くスライスしたら茹でこぼしてから使うの。

先日どんなことをしてる自分が好きですか?ってラジオでテーマになっててね。スタッフが街に出て、道行く人にインタビューしてたわ。
ワタシだったらどんな自分かしら〜って考えると、やっぱりね、レモンの皮スライスやブドウの種やトマトの種取りを「うげ〜」って思いながらも手を動かし始めれば調子に乗ってくるところとか、その「うげ〜」の下処理を終えたあとの果実に火をいれている瞬間を楽しんでる自分が好きよね〜。
鍋から立ち上るいい香りや刻々と変化する色を感じて「ああ〜、まいどまいどこんなことに心動かされるんだわよ〜。」って我ながらあきれちゃう。






ボニータは種の部屋がだいたい3部屋だったから桃太郎トマトの種取りよりはリズムが作りやすかったわね。
写真を見ると、ホラ、ね、お行儀良く3部屋に種が別れてますね。

ボニータのジャムは前回の桃太郎トマトのジャムより濃厚に仕上がったみたい。
週末用のジェラートに使って、トマトジェラートになってます。もちろん瓶詰めジャムとしても販売しますよ。
















 



新カテゴリーは”フル〜ツ・ダイアリー”です!

みなさん、こんにちは!
エバジャムです!

先週サボった罪悪感と土曜日に工房で初めて催すライブイベントをまえにコーフン状態でヘンなご挨拶ですね。えへへ。

そう今週末にイベントがあるんです。イベント前のコーフンなんて、とても久しぶりの感覚よ。
えっと、それは楽しみにしているミュージシャンのライブやDJパーティに行く夜の、洋服やアクセサリーを選んだりしてるときのコポコポと沸き立つ胸の高鳴りって感じよ。
地に足がついてないようなあの感覚。
ああ、コポコポするわ〜。

これって、ジャムを売るための販売イベントのときには無い感覚なのにね。
ライブイベントっていうのはエバジャム工房でのとんちピクルスさん投げ銭ライブのことよ。
エバジャム工房が始動してからひと月半、いまだペースのつかめない状態なんだけどやっちゃうの、ライブイベント。
今までの出張イベント経験(色々あるんです、出張経験が。)がものをいうって感じなのかしら〜、焦ってはいるけどノウハウは多少はあるし、自分の工房だもの気兼ねなしってのびのびした気分もあって、なんとかやれるんじゃないかしら…と。

それでも前日となればこのコーフン。
エナジードリンクはあるわ。
土曜日は文字通り一日中工房に立つけど、楽しみたいからエナジードリンク飲んじゃうわ。なんて、たまたまタイミング良く栄養ドリンクをいただいたの。
間に合う方はぜひいらして下さったら良いのに。
9/22(土)18時開場、19時開演のとんちピクルス投げ銭ライブ@エバジャム工房ですからね!
詳しくは…

気ままに自分とこのイベントをおしゃべりしてますが、ここはフル〜ツデイズ。
フル〜ツなデイズをご覧いただくコーナーなんだからね。
それでですね、突然ですが今回あたらしいカテゴリーをご用意してみたわ。
その名も”フル〜ツ・ダイアリー”よ。
フル〜ツデイズのなかの”フル〜ツ・ダイアリー”。なんだかわけ分からなくなっちゃうかしら…?
そんなことないわよね。

どんなものか、ですって?
では、さっそく!

火曜日


桃が届く。
これは川中島って桃ね。山形県から届く、シーズン最後の桃なのね。
長野の川中島をルーツに持つ桃だけど山形でも作られているの。
独特の香りとムッチリしっかりとした食感、甘いのに酸味もあるとこがお気に入りの品種よ。
皮をむくのに湯通ししたあとはしっとりと妖しいピンク色になるのに、毎年あきもせず見入っちゃうわ。


水曜日

川中島桃にローリエを加えてジャムに煮終わったら、瓶詰めせず取り分けておいた太陽て品種のプラムジャムを加えるの。
桃5:プラム1の割り合いで甘い桃ジャムがエバジャム好みのすっぱさになってるはずよ。


木曜日

桃のジェラートに桃の果肉をスライスして敷き詰めてみたの。
アイスディッシャー(アイス専用のとりわけ大匙ね)でシャーベット状の桃果肉をすくえると考えたのに、果肉はカチカチでディッシャーでは歯が立たなくってね、とんだ計算違い。
慌てて直にナイフを差し込み、差し込み細かくサイコロ状に切り込んでみたら、あらぁなんてうつくしいモザイク模様なのかしら〜、と桃の可愛らしさ再発見ね。
果物って、半透明に光るの。輝くの。
毎日見てるのに見飽きないわ。



ブラックパール、再仕入れ!
アイスクリームメイカーを回して桃のジェラートを作るまえに、そうだったわブルーベリーを煮たのよ。
仕入れ困難な(お高いから!)ブルーベリーを再び仕入れたのは、ブルーベリージャムを予約してくれた友人の分を取り置き忘れ、完売させてしまったから。
だけどまた作れるのは嬉しいわ。
ブルーベリーって生よりジャムのがおいしいのよね。

金曜日

久しぶりに山梨から届いたのはゴルビーって品種のぶどう。
あまりお店で見かけることのない品種よね。
丸ごと頬張ると「バチン!」と口の中ではじけるので、油断してると果汁がお鼻にまわっちゃう!ホントよ、そんな勢いなのよ。



岐阜の梨があったのを思い出して、2kgを一緒に煮たわ。
ゴルビー18kgに対しての2kgで少なめだけど、入るのと入らないのとじゃ違うんだから。
それにしてもピュレにした梨の白さとゴルビーの赤紫&グリーンが目に眩しいの。



待ちに待った青切りレモンはこの日は段ボールを開けただけ。
レモン切れのシーズンを耐えて、やっと届いたレモン。
熊本のみかん山から聞いた栽培方法は、「一度消毒をしています。」とのこと。無農薬じゃないけど”ほとんど”無農薬って考えていいわよね。
見た目の悪さを気にしてらしたけど、エバジャムではこれでOKですよ。
数日前にみかん山に「レモン切れ!SOS!」といれた電話は、「10月まで待ってね。」とかわされたのだけど、先の台風でレモンの枝が折れ、その枝から収穫してエバジャムにまわしていただけたの。
喜んでいいのか複雑だけど助かったわ!神様!

火曜日〜金曜日まではジャムを煮ることに専念してるってわけです、こんな風に。
瓶詰めもあいだにあるけど、それはまたこんどね。
月曜日が抜けていたのはは完全にオフにしてるからよ。果物荷受けくらいはあるんだけど。

ウィークデイから、さて販売のウィークエンドへ。
今週の土曜日はキンチョーとコーフンの初ライブイベントね。
ジェラートは土曜日にたくさんお客さんがいらしても良いようにたっぷり仕込んだから、日曜日の営業もちゃんとできるわよ。

毎日、毎年、いくら気候がおかしいわって言ったって同じ月に、驚くことに同じ日に届くことのあるフルーツを、ジャム屋になって7年(か、8年)経ったって見飽きないそんなフル〜ツデイズがいつまで続くと良いな〜っと思うわよ。飽きっぽい性質だから、フルーツをみて驚けることにいつもホッとするのよね。

今週はとくに果物の着荷ラッシュで、毎日のように届く段ボールをバンバン開けてはきゃ〜!とか、わお〜!とか良い香り〜!と感動が続いたので”フル〜ツ・ダイアリー”ってカテゴリーを作ってみたわ。
それと窓が大きくなって光がよく入るせいか果物がみごとに輝くの。新しい工房で気分も新鮮で果物も輝いて見えるのかしら?
気分一新、しばらくこのスタイルで続けるつもりよ♡








材料を選べるってこと

この様子をご覧くださいませよ。
生産者さんの愛情がさ、じ〜んわり伝わってくるの。




いつもなら緩衝材にくるまれてくる果物なんて、なんて過保護なのかしら〜って思っていたけど。
あ、エバジャムに送られてくる果物のほとんどは農家さん家からでる新聞紙やリサイクル緩衝材にくるまれてくるの。
それだって充分に手間なんですけど。

届いたイチジクは山口県で自称新米農家さんという方が無農薬有機栽培で作られているものなのね。今後ジャムの材料となるイチジクの仕入れ先になるかどうかって、試験的に送っていただいたものなの。 
新米農家さんはワタシの申し出に戸惑いながらもジャムの材料のことを一緒に考えてくれそうな雰囲気よ。

農家さんへ仕入れ交渉のアタックをするときにいつも思うのだけど、白羽の矢をたてられた気の毒な農家産たちのほとんどがみんな協力的なのには、驚くわ。感動的でさえあるのよ。
これはワタシのジャム屋的カンの良さや、ラッキーな超能力とか日々の行いの良さのせいじゃあないかとひそかに考えてるんだけど、もしかしたら世の中にはそんなに悪い人ばかりじゃないってことかもしれなし、農家さんて職業柄のせいなのかもしれないけど。

電話口の新米農家さんは、山口のいなかで無農薬有機栽培への理解の難しさをつぶやいていたし、突然のへんな電話(ワタシのね)への疑いからかちょっと心もとない口調だったの。
ワタシよりお若くそうだし、気の優しい方なのかもしれないわ。

そんな想像をしながらサンプルにと頼んでみた段ボールを開けて出てきたイチジクには、遠くに無事に届くようにとの彼の気持ちを見るようだったの。

イチジクは2品種送ってもらっていて、黄色っぽい方が在来種の蓬莱市柿(ほうらいし)で紫色のがよく出回っている桝井ドーフィンなんですって。



蓬莱市柿(ほうらいし)


















桝井ドーフィン



サンプルで送っていただいたこのイチジクはほんの1kgしかなかったので、ワタシにはめずらしく自家用よ♡

ところで先日、別で買ったイチジクジャムを煮終えた時にちょうど、製菓材料屋さんでセールになってるマスカルポーネチーズを発見したのね。
普段はマスカルポーネチーズなんて買わないわ。だってお高いですもん。
でもね、その時はセールだったしイチジクジャムにマスカルポーネを合わせてジェラートを作ったらおいしそうじゃない!と考えて思い切って購入。セールだったって言っても高いもの、思い切ってよ。

帰ってジェラートの材料を組み立てて,混ぜながらの味見はそりゃあおいしかったわ〜。
マスカルポーネチーズとイチジクのジェラートの値段はいつもよりちょびっと上がるけど(350円!)、きっとお客さんにも気に入ってもらえるはず〜と信じてるわ。






工房販売開始からあんまりリクエストの多かったのがブルーベリージャムで、いままで値段の高さに恐れをなして買えなかったブルーベリーを、先月仕入れて出来上がったジャムはふだんのエバジャムでは考えられない高級品(880円!!!)として販売したの。
国産ブルーベリーの値段を知ってか知らないでかは分かんないけど、それでもお客さんは購入して下さったわ。
これでまたブルーベリーを仕入れることができるってものよ〜。

工房での常設販売はたった週に2日間ではあるけど、以前よりひと月の販売日数を増やすことになったし、お客さんの幅を広げることにもなったみたい。
これは材料仕入れの幅を広げることにもつながってっtから、想像もしてなかった展開よ。
いままで使えなかった材料に少しは手が出せるようになるのって、嬉しいものだわね!



ジェラートに生イチジクを並べてみる。






















ペースは崩れません。

今年の夏はいままでの夏と違っていたわ。
東京では7月に入るや真夏日を連日マークし続けているの。もう、ずぅ〜っと暑いですよねえ。
ワタシのことだと、なんてったって工房販売が始まってぜんぜん違う夏だったわ。
スタートの早い夏のせいか、ドタバタの工房での日々のせいか、果物の仕入れ時期を読み間違えちゃったりして。

太陽って品種のプラムを煮るようになって今年で3回目の夏なのかしら、今年はなかなか収穫の知らせがこなくって焦っていたの。いつもならすぐに農家さんから連絡が入るのに、今年はなんだか遅い気がしてワタシの方から電話をしてみたわ。
返事は「お盆あけだよ〜〜!」ってことでがっかりしたわ。そのとき煮る果物がなかったからよ。
神奈川からのブルーベリーや、山梨の桃と夏のリンゴとプラムが届いたから作業は出来たのだけど、それらの果物を煮終わっても太陽は届かなかったの。
内心はなによう、どうなってんのよう、夏が終わっちゃうじゃない。プラムの季節が終わっちゃうじゃない。もしかしたら忘れられちゃったのかしら!?
疑いの気持ちがわいた頃にやっと連絡がきて、そのときはホッとしたわ〜。

農家さんへの注文で一度に送ってもらう量は13kgと決めてるの。13kgはハンパな量に思われるでしょうけど、これが多すぎず少なすぎずっていう量なのよ、いままでの経験から。
本当は、プラムのジャムは人気があるから13kgを何度か送ってもらいたいところなの。
キウイや柑橘類なら貯蔵がきくから毎週ごとに13kgを送ってもらって仕込んでいくって流れを作りやすいのだけど、プラムはそうはいかないみたいなのね。

プラム収穫の電話をもらったときに、いつものように13kgをお願いしてすぐに、もう13kgを頼もうかどうしようか電話口で悩んだのよ。
農家さんの反応はプラムが貯蔵のきくタイプでないし、夏はどうしても果物の傷みが早いものだから早く決めてよう〜ってことだったわ。
木からもいだプラムは、農家さんは一時に出荷してしまいたいんでしょうね。
優柔不断なものでその場で決めきれず、届いたプラムを見てから注文させてと電話をきったのね。

数日後の午前中に届いたきれいな赤いプラムを見たら、やっぱりもう13kg頼まなくっちゃ!って気分になったのよね、結局。
だからすぐに農家さんに電話を入れてみても、あらら〜つながらないわ。次のプラムの出荷はかなわないかしら…と自分の思いきりの無さに落ち込んじゃう。






ところが、ところがですよ、午前中に荷物を届けてくれたのと同じ運ちゃんが、午後、また段ボールを持ってきてくれたの。
開けてみると、またも真っ赤なプラムが。
ワタシは第2弾の注文をした覚えはないんだけど…、はは〜〜ん、こちらの返事を待たずに農家さんたら見切り発車したようね。
結果的にはワタシは助かったわけだけど、すごくなぁい?その農家さんたら。頼んでないプラムを送っちゃって断られたらショックでしょう?
どっちにしろ断らないけどね、ワタシは。それを見越してるとこがニクいやらおかしいやら。

山形の農家のアベさんとは、そんな感じのお付き合いなのよね。
第2段が届いたあとにアベさんから電話がきたから、「頼むつもりだったけど、まだ頼んでなかったのに届いてますよ〜!」ってからかってみてもアベさんはどこ吹く風だったわ。






届いたプラムを前にして、いざ煮な〜ん!と去年のレシピを読み返してみれば、なんと届いた時季にほとんど差はないの。
スタートの早かった夏の暑さと自分の生活リズムの変化に翻弄されただけで、プラムは時季を変わらず熟してたってことよ。
健気よね〜。

たくさん届いたプラムはジャムにしたしジェラートにもしたわ。
たっぷりある安心で、今年は始めて干してみているの。干しプラムを、毎週焼いて工房で販売するマフィンに焼き込むことができたら楽しそうね。
プラムを干し始めた週末から大雨が降ったけど、ちゃんとセミドライくらいになってくれたらいいわ。

山形産プラムの品種は太陽といいます。皮は真っ赤になるけど果肉は黄色いの。
放射能検査済みの不検出品とのことです。
ドライ太陽が成功したあかつきにはマフィンに焼き込まれてるはずだから、お楽しみに!







 

ジャムの王様はブルーベリージャム!

ジャムのプリンセスったらイチゴジャムですよね。
みんな大好きイチゴジャム、ですもん。赤い色もラヴリー♡
じゃあさ、キングは?
何?何のジャムかしら?

ワタシはこの夏、やっと仕入れたブラックパールを手の平にすくいあげながら思ったわ。
ジャムの王様はこのブラックパールに間違いないってね。
もうブラックパールがなんの果実をさしてるのかお分かりですよね?
そう、ブルーベリーですよ。
 




ブルーベリーって高いですよね。
小さなプラパックにたぶん150gくらい入りなのかしら、それで300円前後でしょうか、スーパーで。自分のためにパックになってるのを買うことってないからイマイチよく分からないんだけど…。この計算でいくと1kgあたりは2千円くらいになっちゃうわ。

世田谷に住んでいた6年ほど前には、ブルーベリー農園に早朝出掛けてって自分で摘んでたの。それで午前中に採れる量は2kg弱だったわ。
通っていた農園では小さなバケツを渡されて、そのバケツに摘みたい放題だったから、バケツに誰よりも高く多く摘み上げたものよ。それで2kg弱ね。
家族やお友だち連れでおしゃべりしながら楽しそうに摘み歩いてる人たちを尻目に、9時に始めてたってすでに陽射しはジリジリとやいてくるから、汗を流しながらもくもくと、ね。
これをシーズン中に3〜4回やって瓶詰めしていたの。

手摘みの分、スーパーで買うのとはかなりお値段は違ったのだけど、自力摘取りで煮なくなって久しいわ。世田谷区から引っ越したこともあるし、かなり時間がかかって大変な作業だったんだもの。

それでもブルーベリージャムは作らなきゃいけないのよね。
だってお客さんに「ブルーベリージャムはないの?」って聞かれるんだもの。さすが王様ですね。
お客さんに欲しいって言われたら作る努力はしなくっちゃいけないわ。と、今年は神奈川の農家さんから買うことにしました。ちゃんと放射能の測定済みの、不検出品です。

やっぱりブルーベリーは高価ですね。
でもね、農家さんが腰を曲げてひと粒ひと粒を摘取ることを想像すると、それはもう仕方がないことよ!
流水で洗いながら指先からこぼれ落ちるブラックパールを見つめて、夏の朝のあの作業を思い起こすワタシには「うむ…」とうなずくしかないの。
あ〜あ、好きなだけブルーベリーを煮てみたいものよ〜。
外国産のブルーベリージャムって、どうしてあんなに大きな瓶詰めなのかしら?
あんだけの瓶をいっぱいに出来るほどたくさんのブルーベリーをどうやって摘むのかしら?
広大な農地で小さな実をじゃんじゃん摘めるマシンがあるのかしら?
それともものすごく安い労働力があるのかしら?
あ…、素朴な疑問がなんだかイヤな方向へ勘ぐっていっちゃいそうだから、このへんで止めといた方が良いわね。

話しを変えて、いまは国産のレモンが無い時季なんです。
ジャムつくりにレモンは欠かせないものなのに、どこへ行っても無いの。もしくは青く固い未熟なものが旬の時季と比べると3倍以上の値段なんですね。
そんなものは使えないわ〜と探しあてたのが高知産の酢ミカン。
酢ミカンだなんてなんておおざっぱな名前なんでしょう。さすが、南国のおおらかなイメージをはずさないネーミングよねえ。
その酢ミカンの果汁と、ブルーベリージャムには必ず加えるレモンの皮をあわせて煮たら、いい感じ。





それから、残った皮は冷凍してとっておくのよ。
レモンの皮も冷凍保存で使う都度にスライスして使うの。柑橘類の皮の風味って、それぞれ個性的で使わない手はないの。

酢ミカンの酸味とレモンピールが効いたジャムのキング、ブルーベリージャムは現在エバジャム工房にて販売中でございます。
エバジャムには珍しく甘さを控えめに煮てみたわ。







体調不良のため休みます。


すみません。 

工房販売始まりました!

想像以上です〜。

たった3日間の営業が、けっこう大変なものなんですねえ。
1人で製造して販売もするとなると1週間も開けてられないかも知れないわね、と週に3日の営業と決めるも、もう1日増やしたいとこではあったのですけどね。
ここは用心して3日で行ってみることにしといたの。
良かったわ〜、こらえといて。

工房販売を開始して2週目となりましたが、ぜんぜんペースつかめなくってね。
あせっちゃう、このまんま要領悪くヘトヘトに1日1日を終えてくんじゃないかしら〜、って。そんなのイヤですよねえ。
果てない体力が欲しいけどそんなことありえないもんね、地道に要領を得てかなきゃあ。
無い知恵を絞り出し中ですよ。

それでもお客さんに来ていただいて、ジャムや焼菓子、ジェラートを喜んでいただけると疲れも吹っ飛ぶもんですよね。嬉しいもの。
販売の2週目ですでにリーピトして来て下さるお客さんがいるの。すごいでしょ。すごく嬉しいわあ。

ご近所らしきマダムには、初めての来店でお買い物をして下さったときに「ちょっと入り口が分かりづらいわね!」って言われたの。そう言われたのに「そうなの!」って、つい思いきり同意しちゃったのね、ワタシ。だって、気になっていた入り口のパンチの無さをその時も考えていたからよ。
マダムは鳩が豆鉄砲くらったようなお顔になって驚いてたみたいだけど、その日以来なんどか買い物に来てくれてるの。マフィンを気に入ってくれたみたい。嬉しいわ。

開店を祝いに友人も寄ってくれていて、その人たちにもことごとく入り口に”引き”が無いとか、焼菓子のラインナップを黒板に書いて外に出してるのにも「分かりにくいでしょー!」とダメ出しがあって、訂正させられたりもしてるの。
お客さんの目になって考えるのって、なかなか難しいものよね。

まだまだ行き届かないことがたくさんあって、徐々に工房は育っていくはずなんだけど…。
つい外壁のキノコのレリーフとか、マクラメ編みのプラントハンガーに吊るしてる植物の育ち具合とか、コンクリートをはつって広げた花壇のミントの伸びとか、アクセサリー的なところばかりに気がいってしまうのよね。

工房販売のない平日はちゃんとジャムを煮てますよ。
今シーズン2回目の桃は山梨の方からの桃で、ちゃんと放射能の検査をしてくれて不検出だったのは安心なんだけど、なんと桃の品種がなんだったか分からなくなっちゃったそうで、しかも2品種が混ざっての納品だったの。
のんきよね、品種が分からなくなっちゃうなんて。
どうも、ワタシにはワタシ向けの生産者さんとのお付き合いが用意されてるんじゃないかしらって、思うわ。運命かしら…?






でもね、ここでまた自慢なんですけど、ワタシにはこの2品種がわかるの。
何種類もの桃の皮をむいてきてるからね、わかるの。
この不明の2品種は白鳳と川中島って種類だと思うのよね。
白鳳といっても何種類かの白鳳があるんだけど、その違いまではわかんないわ。でも皮のむけ方と果肉の色で、たぶん白鳳よ。
湯通ししても皮がむけにくいのが川中島で、お味はと〜っても良いのだけど皮の扱いが面倒なの。今回のもう1種類が皮のむけが悪くってイラ〜ッとしちゃった。だからこっちは川中島と思うのよ。

「あの桃は白鳳と川中島じゃないですか?」と確認してみたら、「ああ〜、そうね〜、川中島があったと思うわ。」と結局なかなかハッキリはしなかったので不明の桃2種のジャムとなったんですけど。
不明2品種の桃には、レモンを多めに加えたミックスジャムに煮上げたの。
トロントロンに甘〜い桃ジャムに少々飽きてきてしまって、さっぱり爽やかな桃ジャムを食べてみたかったのね。かつバニラビーンズのロマンチックも足してみたんだけど。
おいしいですよ。
このジャムで仕込んだフローズンヨーグルトは、さわやか桃味がさっぱりで気に入っているわ。

そういえば、工房販売を始めてから大事件があったんです。
8年間沈黙していたジャスミンにつぼみが着いたのよ。
いつかきっと花を見る日がくるはずと、引っ越しするときにも持ち歩いていたの。
え、な〜んだ!ですって?ジャスミンに花がついたくらい、ですって?
でもね、8年も待っていたんだもの、大事件でしょう!?


ついたつぼみは4つ。


感動の開花!



工房でいま大注目のアクセサリー、8年の沈黙を破って花開いたナントカジャスミンは芳しい香りをはなっているの。











 

<< | 2/14PAGES | >>

プロフィール

 
宇佐美エバ亜希子
うさみエバあきこ
ジャム職人
埼玉県上尾市出身
季節を追った国産果物や野菜のジャムを作ります。 エバジャムを召し上がれ!

バックナンバー

過去の記事

カテゴリー

コメント

others