農家さん訪ねて①

数えたら分かるけど、数えないから正確な軒数は分からないんですがエバジャムにはお付き合いのある農家さんが何軒もあります。

ハッッッッ!
その前にお久しぶりでございます、エバジャムです。
みなさん、ごきげんよう。
マガジンをずいぶんサボっている言い訳は…、しないでも良いわよね。
ただ毎週、金曜日が 来ることは心苦しい限りでございました。
楽しみにして下さる方にはごめんなさい。





さて、気を取り直して続けますよ。
今は柑橘類の季節なので九州からいろんな種類のみかんが届くんです。
熊本のみかん山さんからは去年の10月だったかしら、ライムが届いてそのライムを皮切りに冬から初夏までつぎつぎと柑橘類が届くんです。
ライムからしばらく間があいて3月下旬にデコポンが来るんですよね。みかん山さんから。
だから当然デコポンの送り先住所はライムを発送した住所で良いんですよ。分かりますよね?
だけどね、デコポンは待てど届かなかったんです。
最近は熊本から出発してもあいだ1日必要とせず翌日に着いちゃうの。すご〜い。
ってね、みかん山のヨシダさんが言うから発送の翌日は「まだかな〜♡まだかしら〜♡」って楽しみにしてたのよ。
デコポンは大好きだもの〜。お客さんからも超人気のジャムになるんだしね。
それなのにその日もその翌日も届かなかったから、午後になってからヨシダさんに「届きませ〜ん!」って連絡いれたのよ。
そしたらなんと、住所を工房が移転した前の、その前の住所に送ってしまってたことが判明。
えええっ!?前の前の住所なの!?なんでえぇぇ!?とは攻めたりしませんわ。電話の向こうの声は「(小さく)うわ…やっちゃった…。(大きく)すみませんっ!」ってものすごい焦りようだもの。当たり前でしょうけど。
あまりの焦りようにコチラは笑いそうになるんだけど。

だけど、こちらだってそんなにのんびりしてるわけじゃあないのよ。すぐに煮て瓶詰めして週末の販売に出すつもりだったんだから。
ヨシダさんは速やかに運送会社に後追い調査して下さったようで、送り先違いだったデコポンは1時間かそこらで無事着荷したわ。
すぐに作業にかかって週末の販売にこぎつけたから、ぎりぎりセーフってとこかしら。

送り先違いで果物の着荷が遅れる事件は、ワタシが移転先を伝えてないケースもあったりするけどそうそうある事件じゃないわ。そんななかでヨシダさんは送り先違いの初犯じゃなかったはずよ。

ヨシダさんとはいちど熊本を訪ねてお会いしているので、なんとな〜くその人となりを知ってるつもり。だから住所違いには驚きはしても”やらかしそう…”な方とお見受けしたわ。
そんな風に人のこと言えるタイプじゃあないですけども、ワタシも。

お付き合いのある何軒もの農家さんには色んなタイプがいらっしゃるの。それぞれの方と今のとこ仲良くしていただいているつもりよ。





キウイをシーズン中に何度も送ってもらうのはジョイファーム小田原さんから。
ジョイファーム小田原さんていうのは、有機栽培を目指した農家さんの団体、有限会社らしいの。これは専用のサイトからの情報ね。
その農業会社に属しているのはきっと地元小田原の農家さんと、事務関係も小田原の地元の方々が少なくないように思うの。
地元の農家さんとその周辺の人たちが協力し合って農業に携わっている感じがするのよね。
電話口からの空気でそんな感じがするだけですけど。

会社だからね、電話をかけると受付けの女性が出て担当さんにつなげてもらうのよ。
ワタシはアリサカさんて方に担当してもらって、もう7年くらいになるかしら。





エバジャム担当のアリサカさんは忙しい方のようで、会社と倉庫なのか畑なのかを行ったり来たりしてるようでなかなかつかまらなくってね、受付けの女性に折返し電話してもらうように頼んだって、当日電話がかかってこないことも多いの。
もう〜アリサカさんいっつもかけ直してくれないんだから〜と思いながら電話し直すことになるんだけど、つながればその時はいつもハキハキと気持ちのよい対応だから無礼を許しちゃうわ。

そんなアリサカさんから畑を見にきて下さいと言われたのは、お付合いが始まって6年経った去年のこと。
農家さんはたいてい遊びにいらっしゃいって誘って下さるのだけど、アリサカさんの場合はジョイファームっていう会社とのお付き合いということで、農家さんとの個人のお付き合いとはちょっと違っているように思えて、そんなお誘いがあろうとは意外だったわ。
それでもお声をかけていただいたなら、ぜひとも出掛けて行きたいわ。日々取引しているアナタのお顔を一度は拝見したいもの〜!ってなもんです。

ということで今週の日曜日から2泊3日の日程で計画をたてたってわけよ。
え?日曜日っていったら工房販売があるじゃない!ですって?
そうなんです、営業があるんです、エバジャム工房でね。
ですから誠に勝手ながら今週の日曜日の販売は11時〜15時(本来なら18時)までとさせていただくのです。
すみません。許して下さいませ。

ジョイファーム小田原がどんなふうに成り立っている農業集団なのか、アリサカさんは本当に忙しいのか、受付けで気さくな応対の女性スタッフはどんな方なのか、いま実っているレモンを採ったり、5月に入ってから送ってもらう約束の新玉ねぎを見せてもらったり、あれもこれも見てくるつもり。
アリサカさんは体を開けて待ってくれてるんですって。
楽しみだわ。
そして、小田原まで行くんだもの温泉にも入って参ります〜。
だって、旅費がもったいないでしょう?





というわけでの2泊3日。
小田原、箱根の研修旅行のご報告はまた後日にね。
なるべく早めにまとめたいと思っていますわ。












コメント
コメントする








   

プロフィール

 
宇佐美エバ亜希子
うさみエバあきこ
ジャム職人
埼玉県上尾市出身
季節を追った国産果物や野菜のジャムを作ります。 エバジャムを召し上がれ!

バックナンバー

過去の記事

カテゴリー

コメント

others