九州はミカンの季節ですね。

今週14日、月曜日の雪はすごかったですよねえ。
ワタシ、この日の夕方に飛行機に乗る予定だったの。
用事があって博多に行くのに最終の20時発の便に乗る予定だったの。





この日は朝から降ってた雪のせいで月曜日の便は午前の3便をのぞいて欠航のマークが記されていたのね。ネットで調べるとそうやって情報が出てくるのよ。
で、肝心の自分が乗る予定の最終便は「遅延の可能性あり」って書いてあったわ。可能性ありだなんてちょっとぼんやりした情報じゃない?

外はものすごい雪。出掛けてったのは良いけど欠航だったりしたら嫌よねぇ。
そんな風に考えるとグズグズしてしまって、あれほどの雪だったら交通機関のおくれを考えて早めに出るべきとこなのにやや出遅れちゃった。それでも20時の便にむけて3時間弱早めに出たのよ。家を出発したときには雪は小降りになってたしね、3時間もあればちゃんと着くと思ってたのにい。
バスも電車もすごーく遅れていて(当たり前かしら〜)羽田に到着したのは20時半。それでも受付カウンターに行くまではまだ飛行機は出発してないでしょ〜、乗れるわよね〜、とあくまで楽観的だった馬鹿なワタシたち。だって「遅延」てサイトには出ていたもの。
ところが、20時の最終便は20時5分に出ていたの。
5分遅れなんて遅れのうちに入んないわよ。やるわねスカイマーク。

さて、困ったわ。ワタシたちの福岡行きチケットはどうなるの?
カウンターのスタッフに「電車遅延で乗り遅れたのよ!」と訴えたら、翌日の早朝一便なら用意出来るんですって。
でも早朝よ。6時40分発なのよ。三鷹から羽田までは1時間半くらいかしら〜。始発に乗ったってこの雪の後じゃ間に合わないんじゃないの?

この日は福岡行きの最終便は出たんだけど、たくさんの欠航便のせいで飛行機に乗れなかった何人もの人たちが翌日便を待つのかソファで寝転んでいたわ。うう〜ん、その手もあるけどね。
だけど宿をとることにしたわ。
羽田近辺でビジネスホテルでもとれそうな場所ってどこかしら?ぜんぜん分かんないけど、目に入った京急電鉄の改札で駅員さんに尋ねてみたのね。
そしたら蒲田でなんとかなるんじゃないかってアドバイスをもらってね。とりあえず京急蒲田駅に降り立ったわ。
蒲田駅の駅員さんにビジネスホテルのある通りを教わって、22時過ぎの人気の少ない、初めて降立つ京急蒲田駅ではまったくのよそ者気分だったわ。
正確にはちょっと離れた場所に位置するJR線蒲田駅には降りたことがあるけど、ずっとこじんまりした京急蒲田駅は違って感じるもんなの。たぶん、気持ちによるものが大きいんだろうけどね。
本当ならそろそろ博多に着いてるはずなのに、ここは蒲田。

この夜の蒲田のホテルはかなりの軒数が満室だったんじゃないかしら〜。何軒かに満室だと断られたもの。それでもなんとか一人一泊5千円弱のビジネスホテルを見つけて部屋に入れたのは23時過ぎていたかしら。
ちぇ〜っとな。
だけどね、余計なお金がかかっちゃったことをのぞけば、東京をなかなか出られないでいても家を出たからには旅には変わりなく、初めての経験だらけだった旅の始まりはつらいばかりでもなくて、笑えるところもあったわ。苦笑いかもしれないけど。
みなさんは悪天候で旅の途中に足止めをくった経験てあるかしら。

加えて福岡から帰る前日には夕方から降り始めた雨が雪にかわって、これもまたかなりの降りだったのよ。宿にもどるために拾ったタクシーは下りの坂道でブレーキがきかなくて横滑りしたくらい。
午前中の便がまたトラブるんじゃないかと心配だったわ。雪に始まり雪で終わる?博多?ってねえ。
結局は、翌日は快晴で、おまけに朝まで降っていた雨でだいたいの雪は溶けていて凍結もほとんどなくて空港まで難なく行けたのでした。

あら、ジャムとは全く関係のないことをダラダラ話しちゃったわ。
う〜んと、う〜んと。
福岡でなにかジャムな経験とか情報とか得たのだったかしら…。
柑橘類の時季まっただ中もあって、福岡と、寄った大分でも、道の駅や街の商店も色んなミカンであふれていたわ。
ここら辺では一ついくらのレモンがパッと見に12〜15個くらいビニール袋詰めされたのが250円だったかしら。
大好きだけど東京では絶対買えない大きなミカン晩白柚(バンペイユ)は400円で買えたわ。東京だと1個が2千円くらいするのよ。
まあねえ、ワタシは往復の飛行機代に余計なホテル代をかけてるんだものそのくらい得しなくっちゃねえ。

晩白柚と大分のハチミツや、古い旅館(泊まったわけではないわ〜)で作られている柚子のジャム、”柚子練り”は宅急便で月曜日に届くの。
この”柚子練り”がこれから仕込むユズマーマレードになにか良い影響があると良いんだけど。
旅は終わったけど、後追いでやってくる品々で余韻を楽しむつもりよ。
月曜日が待ち遠しいわ。

さて〜、2013年もすっかり明けましたね!
本年もなにとぞエバジャムをよろしくお願い申し上げます!!!
スネーク!








コメント
コメントする








   

プロフィール

 
宇佐美エバ亜希子
うさみエバあきこ
ジャム職人
埼玉県上尾市出身
季節を追った国産果物や野菜のジャムを作ります。 エバジャムを召し上がれ!

バックナンバー

過去の記事

カテゴリー

コメント

others