材料を選べるってこと

この様子をご覧くださいませよ。
生産者さんの愛情がさ、じ〜んわり伝わってくるの。




いつもなら緩衝材にくるまれてくる果物なんて、なんて過保護なのかしら〜って思っていたけど。
あ、エバジャムに送られてくる果物のほとんどは農家さん家からでる新聞紙やリサイクル緩衝材にくるまれてくるの。
それだって充分に手間なんですけど。

届いたイチジクは山口県で自称新米農家さんという方が無農薬有機栽培で作られているものなのね。今後ジャムの材料となるイチジクの仕入れ先になるかどうかって、試験的に送っていただいたものなの。 
新米農家さんはワタシの申し出に戸惑いながらもジャムの材料のことを一緒に考えてくれそうな雰囲気よ。

農家さんへ仕入れ交渉のアタックをするときにいつも思うのだけど、白羽の矢をたてられた気の毒な農家産たちのほとんどがみんな協力的なのには、驚くわ。感動的でさえあるのよ。
これはワタシのジャム屋的カンの良さや、ラッキーな超能力とか日々の行いの良さのせいじゃあないかとひそかに考えてるんだけど、もしかしたら世の中にはそんなに悪い人ばかりじゃないってことかもしれなし、農家さんて職業柄のせいなのかもしれないけど。

電話口の新米農家さんは、山口のいなかで無農薬有機栽培への理解の難しさをつぶやいていたし、突然のへんな電話(ワタシのね)への疑いからかちょっと心もとない口調だったの。
ワタシよりお若くそうだし、気の優しい方なのかもしれないわ。

そんな想像をしながらサンプルにと頼んでみた段ボールを開けて出てきたイチジクには、遠くに無事に届くようにとの彼の気持ちを見るようだったの。

イチジクは2品種送ってもらっていて、黄色っぽい方が在来種の蓬莱市柿(ほうらいし)で紫色のがよく出回っている桝井ドーフィンなんですって。



蓬莱市柿(ほうらいし)


















桝井ドーフィン



サンプルで送っていただいたこのイチジクはほんの1kgしかなかったので、ワタシにはめずらしく自家用よ♡

ところで先日、別で買ったイチジクジャムを煮終えた時にちょうど、製菓材料屋さんでセールになってるマスカルポーネチーズを発見したのね。
普段はマスカルポーネチーズなんて買わないわ。だってお高いですもん。
でもね、その時はセールだったしイチジクジャムにマスカルポーネを合わせてジェラートを作ったらおいしそうじゃない!と考えて思い切って購入。セールだったって言っても高いもの、思い切ってよ。

帰ってジェラートの材料を組み立てて,混ぜながらの味見はそりゃあおいしかったわ〜。
マスカルポーネチーズとイチジクのジェラートの値段はいつもよりちょびっと上がるけど(350円!)、きっとお客さんにも気に入ってもらえるはず〜と信じてるわ。






工房販売開始からあんまりリクエストの多かったのがブルーベリージャムで、いままで値段の高さに恐れをなして買えなかったブルーベリーを、先月仕入れて出来上がったジャムはふだんのエバジャムでは考えられない高級品(880円!!!)として販売したの。
国産ブルーベリーの値段を知ってか知らないでかは分かんないけど、それでもお客さんは購入して下さったわ。
これでまたブルーベリーを仕入れることができるってものよ〜。

工房での常設販売はたった週に2日間ではあるけど、以前よりひと月の販売日数を増やすことになったし、お客さんの幅を広げることにもなったみたい。
これは材料仕入れの幅を広げることにもつながってっtから、想像もしてなかった展開よ。
いままで使えなかった材料に少しは手が出せるようになるのって、嬉しいものだわね!



ジェラートに生イチジクを並べてみる。






















コメント
コメントする








   

プロフィール

 
宇佐美エバ亜希子
うさみエバあきこ
ジャム職人
埼玉県上尾市出身
季節を追った国産果物や野菜のジャムを作ります。 エバジャムを召し上がれ!

バックナンバー

過去の記事

カテゴリー

コメント

others