マクラメ編みのプラントハンガー

マクラメ編み!
マクラメ編みのプラントハンガーを飾りたいわ!
新工房には長〜いカウンターがあって、そのカウンターとキッチン側を仕切るさがり壁に白いロープのマクラメ編みで鉢を吊るしたらきっと、ス・テ・キ〜。

掃除も工事もペンキ塗りも終えたらば、これでやっとスタート地点にたどりついたってことよ。
つぎは収納スペースを作っては整理整頓しながら、工房として使えるようなキッチンを作ってかなきゃ。
そうは言っても今まで使ってきた道具を配置し直すくらいで、何をどこに置けばいいかはおおかたは決まっているのだからそんなに難しいことでもないの。
新品のガス台がドーンと鎮座するのは嬉しいけど、どうもね、実用的なものだからか気持ちの上がり方がイマイチよ。
使いやすいように実用を考えることはとっても大切よ。だけどそこばかりじゃつまんなかったんでしょうねえ、ワタシ。
マクラメ編みのプラントハンガーを思い立った瞬間、一気に気分が変わったの。
ところでマクラメ編みって知ってます?
どうやら20代の方には通じないみたいなんだけど。





上の写真はワタシが持ってる70年代のインテリアの写真集から転載したものよ。右側にぶら下がるポトスの鉢を入れた白い吊り紐がマクラメ編みのプラントハンガーなの。
こんな写真を見ながら、良いな〜、こんな風に植物を吊るしたいわ〜。ポヤ〜ン…。

空想にときめくこと、この数ヶ月はなかったものね。
こうなったらいざ!マクラメ編みプラントハンガーを探せ!とインターネットで検索、検索、検索…。
あら?ワタシがこどもの頃(70〜80年代)にはどこにでもあったような記憶のマクラメ編みを売ってるようなとこは全然ないじゃない。あっても麻紐で編んだミサンガやアクセサリーがヒットするばかり。
違うのよ〜、麻紐じゃないの。麻紐だとちょっと土っぽいのよ。ワイルドっていうか?
綿ロープのマクラメ編みはもっとロマンチックなの。ワタシの中じゃあね。

綿ロープのマクラメ編みはすでに絶滅しちゃったのかしら…。
一瞬ひるんだけど、諦めなかったわ。
ネットで検索するしかなかったんだけど、なんとか1軒だけヒットしたのがある方(個人)のブログだったの。
〜手芸好きで、なんでも自分で作ってみたい〜ってブログのサブタイトルに掲げているだけあって、ご自分で作った手芸のいろいろをほとんど毎日ブログであげていらっしゃるの。
その記事のひとつにマクラメ編みのプラントハンガーを見つけたの。
ある日の記事には、「たくさん作ったプラントハンガーを譲りたいけど…」って書いてあってね、んもう舞い上がっちゃった。
他にもたくさんマクラメ編みの作品をあげてらして、全部を見せてもらったらね、もうド真ん中だったの。好みの。
作ってらっしゃる品々が大好きなものばかりで、興奮しちゃったわ。
だけどね、注意してよく読んでみるとプラントハンガーの件の記事って、2008年のものだったのよね。
ガーーン。
4年も前のことじゃない…。どうしよう…。

それでもですよ、当たって砕けろと声をかけてみたの。コメント欄でね。
ブログの主は、知ってる人、知らない人とも気さくにコメント欄でやり取りしていらしたからよ。
ブログの主は優しい方で、見ず知らずのどこの馬の骨とも分からないワタシからの図々しい問いにも答えて下さったの。
こんなコミュニケーションがかなったこの日ほどインターネットの存在をありがたいと思ったことないわ。

それ以降ワタシ達はブログのコメント欄とメールとで連絡をとり合ってどんなプラントハンガーにするか相談してったの。
紐の色、ハンガーの全体の長さ、吊るしたい鉢のサイズのことなんかをね。
しばらくマクラメ編みから遠ざかっていたというマダムは、ひさしぶりの作業に腕が鳴ったのかとっても仕事が早くってね、その手の早さには驚いちゃった。
図々しいワタシが希望するのは大小サイズを2個ずつ。
そのサイズにあわせたデザインを考えて下さるんだから、オーダーメードってわけ。
丁寧なことに試作品から作って見せて下さったの。どこの馬の骨とも分からない人間によ。
試作品はブログにもあげてらしてて、その様子は軽快だったわ。
話しはどんどん、順調に進んでいくんですもの、もうわくわくのわく!興奮が止まりません。こんな幸せなことってあるんですねえ。
いまのとこ、新工房計画で一番の盛り上りじゃないかしら。



試作品。



材料となるロープが手に入ったというブログの記事を読んでから1週間も待たずにプラントハンガーは手元に届いたのよ。早いわよね。
郵便小包を受け取ってすぐに鉢を吊るしたわ。
写真で見せてもらうより、ずうっとステキだったの。ずうっと。








その夜お礼の電話をしたわ。始めておしゃべりするマダムは今年で70歳というには若々しい声なの。
ブログを始めてご自分の手芸作品を記事にするようになって5年になるそうで、その間に香港からマダムの手鞠(刺繍の手鞠も作っているの。)を見に来た方もいるって、嬉しそうにおっしゃってたわ。インターネットって、すごいわね。

またマクラメの材料となるロープが彼女の地元岐阜県では最近は手に入りづらいことと、高価でもあるから考えて金物屋さんで農具として使うらしい綿ロープを買って使ったら、いい具合だったってまた嬉しそうに教えて下さって、そういうとこ近く感じるわ。
いつか手芸マダムの住む岐阜を訪ねていって,手芸であふれるお家を拝見したいものだわ。

カウンターのさがり壁に吊るしたプラントハンガーは、ロープの白に鉢のグリーンが効いてて想像した通りよ。とても気に入ってるわ。
こんなに思いつきがうまくいったことって今までないんじゃないかしら。





コメント
写真拝見しました とても嬉しいです
邪魔でなかったらもう少し大きくても良かったのではないかと思っています
陶器の鉢ですから重いと思います 良かったです太目の紐で作って 喜んでいただいてとても嬉しいです
読んでいただいて恐縮です!プラントハンガー、とても気に入っています。サイズはちょうどです!
鉢のグリーンがどんどん成長してますよ〜。
  • エバ
  • 2012/06/29 11:53 PM
こんにちは。はじめまして。
素敵です!!!!
私もこのプラントハンガーを作りたくてずっと探していました。マクラメ編みというのですね。だけど編み方がみつかりません…どうしても私も鉢を飾りたいのですが…恐縮ではありますがマダムはまた作ってくださりますでしょうか…可能ならお願いしたいですがやはり失礼ですよね。
  • reno
  • 2013/01/14 8:07 AM
コメントする








   

プロフィール

 
宇佐美エバ亜希子
うさみエバあきこ
ジャム職人
埼玉県上尾市出身
季節を追った国産果物や野菜のジャムを作ります。 エバジャムを召し上がれ!

バックナンバー

過去の記事

カテゴリー

コメント

others