今年最後のお詫びでございます!


大きすぎるのも企画外(リンゴ/フジ)

みなさま、お久しぶりでございます。
二ヒル牛マガジンは金曜日担当のエバジャムです。
覚えてらっしゃるかしら…。

気がつけばもう12月も終わり。
2012年ももう終わり。
1年て早いわ〜なんてよく言うけど、そういう感覚ってあんまりないの。
ただ、2012年はゴロンゴロンと転がるように過ごした感覚よ。もうとにかくひたすらゴロンゴロンよ。

3月に突如火がついた工房物件探しに始まって、4月と5月の間に見つけた物件の賃貸条件の交渉と賃借決定からの引っ越し。
5〜7月いっぱいを片付け&改装についやしたでしょ。
この片付けと改装がものすごい大変だったの〜〜!と大変さを強調したいけど、実際のとこ大変だった思いだけが残って、どんなことが大変だったか今はもうボンヤリしてるわ…。おめでたいでしょ。
いちばんに整えた厨房で、6月にはジャムの仕込みも並行して始めてったっけ。

それから8月3日(yummy/ヤミー:「おいしい!」の日って覚えてね♡)に工房販売を始めたの、毎週金土日で。
バカだから毎週3日の販売がどうゆうことかちっとも想像出来てなかったわ。
1週間単位で考えると7日間に3日を販売に当ててお休みの日を1日とると、仕込みの時間はたったの3日になっちゃうじゃない。計算すればわかりきったことだけど。
こそこそとした1人のジャム作りには、原料のとどく兼合いなんかも含めると3日っていう日数は足りなかったの…。
気付けばジャム棚には在庫がわずかしかなくって、これではイケナイ。
すぐさま工房販売は土日の2日間に短縮したわ。
週3日の販売はたった3週し続かなかったということです。
やってみないと理解出来ないんですね。

週に3日販売から週2販売へと切替えてやっと1週間を回せるようになったかしら…。
回してるっていうようり、回ってるってのが正しいかしら。
回っちゃってるの、自分が。クルクルクルクル。きりきり舞いね。目が回ってるわ。
クルクル、ゴロンゴロン、ですわ。アハハ…。

来年はきっともう少しリズム良く動けるようになるはずよ。そうコントロールするわよ!
と、そんなつもりではいるんです。
そんなつもりで12月の頭にたてた年末年始の工房販売の予定では、年末は12月23日(日)まで、年始は1月最初の週末5、6日の土日から販売をスタートさせるつもりだったの。
だのに、またやってしまったわ!

瓶がないんです。ジャムを詰める瓶が。
もちろん瓶屋さんへ発注はかけています。
だけど瓶の発送は1月7日(月)だそう。
分かってはいるけれど「その日程は変わらないんですよね…?」と聞いてみたわ。最近変わって、若いお姉さんになった担当さんは電話の向こうで「ウッ…」っと息を詰めてらしたようだわ。
そりゃ、ワタシが相手の年末年始をちゃんとチェックしてないのが悪いんですもの。世の中は今年のお正月休みは最長9連休だとうかれるニュースが流れていたのを見て知っていたはずよ。

とにかくジャム瓶がないと困ります。
1月5日(土)からの工房販売に間に合いません。

いつもいつもお客さんにはワタシの手違いや勘違いでご迷惑をかけております。
今回も一度お知らせした年始の販売予定を訂正させていただきます。
年始の販売は1月12日(土)、13日(日)からとさせていただきます!

エバジャムには二言ばかり、です。
本当に不甲斐ないのですが、どうか許していただきたいわ。
もしも、お正月にお出掛けの予定だった方がいらしたら、ごめんなさい。
いつか工房へいらして下さった時には、ひとこと苦言を呈して下さいませ。

エバジャム工房販売、2013年は1月12日(土)、13日(日)からでございます。


はあ…。長々と言い訳を聞かせてしまいましたね。
話しを変えてと、年々暖かくなっていると言われて続いているはずの暖冬はどこへ行った?というかんじでグンと寒いですよね、今年の冬は。
それでもやっぱり北極や南極の氷はどんどん溶けているのでしょうけど。
いや、氷の話しじゃなくて、冬の厳しい寒さもだけど、今年の夏も厳しかったわ。
極!な暑さでしたよね。

その暑さのせいかと思うのだけど、今年の桃やプラムはとても美味しかったんです。
雨の少なさも美味しさの秘密だったと思われますよ。
みなさんは召上がったかしら?桃やプラム。ぶどうも、美味しかったでしょう?
その延長なのか、柿もとっても美味しかったように思うの。豊作だったって聞いているわ。

今年の柿ジャムは毎年使う次郎柿と、もう1種類、富有柿とをミックスした柿ジャムを作ったの。
今年の次郎柿の甘さは格別だったわね。
薄くスライスしたのを下にのっけると、まるでお砂糖が、和三盆糖がさわ〜っと溶けるように甘さが広がるの。
富有柿は果汁が多くてトロリした食感ね。
同じ柿でもそれぞれ見てみると形が違ってね、面白いわ。

次郎柿は四角張っているからちょっとむきにくいのよ。
比べて富有柿はふっくらとまるいの。

次郎柿




富有柿




なあんてきれいなんでしょう。
果物ってみんな美しいわ。
ヘタの形だって完璧よねえ。

柿の話しは柿ジャムを煮ている頃書きたかったのにいまごろになっちゃった。
エバジャムではファンの多い柿ジャムを、今年初めて召上がる方には気に入っていただけたかしら。

この年末はリンゴのフジをジャムにするのに明け暮れます。
2種類のリンゴジャムを作る予定で、1種類は初めてのレシピに挑戦するの。
そのジャムを、延期した来年の工房販売日に出せるようにしますからね。
ごちゃごちゃと変更する販売日にこりずに、寄って下さいませよ。

エバジャム工房販売日程
年内販売 〜12/22(土)、23(日)まで
年始販売     1/12(土)、13(日)〜から













飛び込んでくるよ、突然に。

「コン、コン!」入り口をノックする人がいるわ〜、郵便屋さんじゃないみたい。
なあに?今日は仕込みの作業日で工房販売の日じゃないわよ〜。はい、はいぃ〜。
戸を開けると、「今日はお休みですかぁ〜?人が見えたのものだから〜。」って。あらお客さんだったのね。
そう、こんなふうに販売の日でなくても人影が確認されるとお客さんが飛び込んでいらっしゃるわ。一応、工房販売日は土日曜日で平日は作業日ということを伝えるの。
それから「お近くからですか〜?」とか話しをふると定休日なんかは確認せずに2駅先あたりから自転車でフラッと出かけてらっしゃる方とか、明日の早朝に出発するのでお土産に今欲しいのとか、とにかく人影があったからとか、みなさん言い訳は様々なのね。
もちろん棚にはジャムが並んでいるんですから、この中からだったら選んでいただけますよ〜って、お買い上げ頂くのね。

女の人って忙しいのよね。
だからちょっとした隙間に出来る事をつっこみたいのよね。買い物の途中とか、ふっと出来た時間を有効に使いたいんでしょう?あら〜、結局ジブン都合ね〜。それってわがままよ〜。
だけどわがままなお客さんてわりと好きよ。
なあんて、かく言うワタシも何度となく閉店したお店に滑り込んだことがあるから、ジブンを正当化したいのかもしれないわ。

今のようにひらけた工房を持ってから期待以上にいろんなことが飛び込んでくるの。
先週は(ハッ…マガジンをサボってばかりなので、時差が…。)かなりの目玉飛び込みがあったのよ。
それは、これ!
じゃ、じゃーーーぁん!


なんだか分かるかしら!?
これはアレ、あこがれのサルナシなのよ。
サルナシって聞いたことあるかしら?
キウイの原種なのよ。
もっと近づいてお見せしましょうね。


ホラね、キウイにそっくりでしょ。
果皮の毛はないけどそっくりでしょ。
それではもっと近づいて、果肉もご覧下さいませ〜。


キャー、かわいい♡
まるでキウイですね。直径は1.5センチくらいなんですけど。
種はキウイに比べるとかなり少なめね。

このサルナシはご近所に住んでらっしゃるお客さんから届いたの。
新潟県産だそうで、このサルナシで地域おこしをはかって栽培に力を入れているとか。あら、新潟っていっても広いわよね。どちらの地域か聞いとかなくっちゃいけないわ。
とにかく新潟のどこかではサルナシで盛り上がって行こうって意欲だそう。なんだけど、どうやら使いあぐねてらして、そのお客さんにアイディアを求めてサルナシを託したらしいのね。
そのサルナシがエバジャムに回ってきたというわけよ。イエイ!
サルナシはすでに煮終わっているの。おもしろいジャムになってるんだけど瓶詰めにするほどの量はなくて、どうやって使おうかしら。

ワタシがサルナシに初めて出会うエピソードをずいぶん前にマガジンに書いてるので、お時間ある方はコチラもお読みになってみてね。

ところでみなさんはもう今年のリンゴは召し上がったかしら?
エバジャムでは第1弾の紅玉がジャムになったわよ。
ピカピカとつやのある紅い果皮の色と、キュンと甘酸っぱい香りが何ともたまらない紅玉の第2弾がカウンターに鎮座してるの。


その紅玉が通りからも見えたようで、飛び込んできた方がいたのよ。
どんどん!と戸をたたく音にびっくりして、また慌てて出て行くと見知らぬマダムが「通りがかったら山盛りにリンゴが見えたからっ〜。」って言うから、「あれはジャムにするの。」ってワタシが答えるのは耳に入らないようで「あのリンゴ、売り物じゃないの?売ってもらおうと思ったんだけど〜」ですって。
売り物じゃないんですよって言ったら、残念そうに帰っていかれたわ。
ヘンなの。
ウチはジャム屋ですってばー!と内心思ったけど、ムッとなんかしてられないわ。忙しいんだから。

ね、西久保の交差点はいろんなことが飛び込んでくるしょう?



 

新カテゴリーは”フル〜ツ・ダイアリー”です!

みなさん、こんにちは!
エバジャムです!

先週サボった罪悪感と土曜日に工房で初めて催すライブイベントをまえにコーフン状態でヘンなご挨拶ですね。えへへ。

そう今週末にイベントがあるんです。イベント前のコーフンなんて、とても久しぶりの感覚よ。
えっと、それは楽しみにしているミュージシャンのライブやDJパーティに行く夜の、洋服やアクセサリーを選んだりしてるときのコポコポと沸き立つ胸の高鳴りって感じよ。
地に足がついてないようなあの感覚。
ああ、コポコポするわ〜。

これって、ジャムを売るための販売イベントのときには無い感覚なのにね。
ライブイベントっていうのはエバジャム工房でのとんちピクルスさん投げ銭ライブのことよ。
エバジャム工房が始動してからひと月半、いまだペースのつかめない状態なんだけどやっちゃうの、ライブイベント。
今までの出張イベント経験(色々あるんです、出張経験が。)がものをいうって感じなのかしら〜、焦ってはいるけどノウハウは多少はあるし、自分の工房だもの気兼ねなしってのびのびした気分もあって、なんとかやれるんじゃないかしら…と。

それでも前日となればこのコーフン。
エナジードリンクはあるわ。
土曜日は文字通り一日中工房に立つけど、楽しみたいからエナジードリンク飲んじゃうわ。なんて、たまたまタイミング良く栄養ドリンクをいただいたの。
間に合う方はぜひいらして下さったら良いのに。
9/22(土)18時開場、19時開演のとんちピクルス投げ銭ライブ@エバジャム工房ですからね!
詳しくは…

気ままに自分とこのイベントをおしゃべりしてますが、ここはフル〜ツデイズ。
フル〜ツなデイズをご覧いただくコーナーなんだからね。
それでですね、突然ですが今回あたらしいカテゴリーをご用意してみたわ。
その名も”フル〜ツ・ダイアリー”よ。
フル〜ツデイズのなかの”フル〜ツ・ダイアリー”。なんだかわけ分からなくなっちゃうかしら…?
そんなことないわよね。

どんなものか、ですって?
では、さっそく!

火曜日


桃が届く。
これは川中島って桃ね。山形県から届く、シーズン最後の桃なのね。
長野の川中島をルーツに持つ桃だけど山形でも作られているの。
独特の香りとムッチリしっかりとした食感、甘いのに酸味もあるとこがお気に入りの品種よ。
皮をむくのに湯通ししたあとはしっとりと妖しいピンク色になるのに、毎年あきもせず見入っちゃうわ。


水曜日

川中島桃にローリエを加えてジャムに煮終わったら、瓶詰めせず取り分けておいた太陽て品種のプラムジャムを加えるの。
桃5:プラム1の割り合いで甘い桃ジャムがエバジャム好みのすっぱさになってるはずよ。


木曜日

桃のジェラートに桃の果肉をスライスして敷き詰めてみたの。
アイスディッシャー(アイス専用のとりわけ大匙ね)でシャーベット状の桃果肉をすくえると考えたのに、果肉はカチカチでディッシャーでは歯が立たなくってね、とんだ計算違い。
慌てて直にナイフを差し込み、差し込み細かくサイコロ状に切り込んでみたら、あらぁなんてうつくしいモザイク模様なのかしら〜、と桃の可愛らしさ再発見ね。
果物って、半透明に光るの。輝くの。
毎日見てるのに見飽きないわ。



ブラックパール、再仕入れ!
アイスクリームメイカーを回して桃のジェラートを作るまえに、そうだったわブルーベリーを煮たのよ。
仕入れ困難な(お高いから!)ブルーベリーを再び仕入れたのは、ブルーベリージャムを予約してくれた友人の分を取り置き忘れ、完売させてしまったから。
だけどまた作れるのは嬉しいわ。
ブルーベリーって生よりジャムのがおいしいのよね。

金曜日

久しぶりに山梨から届いたのはゴルビーって品種のぶどう。
あまりお店で見かけることのない品種よね。
丸ごと頬張ると「バチン!」と口の中ではじけるので、油断してると果汁がお鼻にまわっちゃう!ホントよ、そんな勢いなのよ。



岐阜の梨があったのを思い出して、2kgを一緒に煮たわ。
ゴルビー18kgに対しての2kgで少なめだけど、入るのと入らないのとじゃ違うんだから。
それにしてもピュレにした梨の白さとゴルビーの赤紫&グリーンが目に眩しいの。



待ちに待った青切りレモンはこの日は段ボールを開けただけ。
レモン切れのシーズンを耐えて、やっと届いたレモン。
熊本のみかん山から聞いた栽培方法は、「一度消毒をしています。」とのこと。無農薬じゃないけど”ほとんど”無農薬って考えていいわよね。
見た目の悪さを気にしてらしたけど、エバジャムではこれでOKですよ。
数日前にみかん山に「レモン切れ!SOS!」といれた電話は、「10月まで待ってね。」とかわされたのだけど、先の台風でレモンの枝が折れ、その枝から収穫してエバジャムにまわしていただけたの。
喜んでいいのか複雑だけど助かったわ!神様!

火曜日〜金曜日まではジャムを煮ることに専念してるってわけです、こんな風に。
瓶詰めもあいだにあるけど、それはまたこんどね。
月曜日が抜けていたのはは完全にオフにしてるからよ。果物荷受けくらいはあるんだけど。

ウィークデイから、さて販売のウィークエンドへ。
今週の土曜日はキンチョーとコーフンの初ライブイベントね。
ジェラートは土曜日にたくさんお客さんがいらしても良いようにたっぷり仕込んだから、日曜日の営業もちゃんとできるわよ。

毎日、毎年、いくら気候がおかしいわって言ったって同じ月に、驚くことに同じ日に届くことのあるフルーツを、ジャム屋になって7年(か、8年)経ったって見飽きないそんなフル〜ツデイズがいつまで続くと良いな〜っと思うわよ。飽きっぽい性質だから、フルーツをみて驚けることにいつもホッとするのよね。

今週はとくに果物の着荷ラッシュで、毎日のように届く段ボールをバンバン開けてはきゃ〜!とか、わお〜!とか良い香り〜!と感動が続いたので”フル〜ツ・ダイアリー”ってカテゴリーを作ってみたわ。
それと窓が大きくなって光がよく入るせいか果物がみごとに輝くの。新しい工房で気分も新鮮で果物も輝いて見えるのかしら?
気分一新、しばらくこのスタイルで続けるつもりよ♡








| 1/1PAGES |

プロフィール

 
宇佐美エバ亜希子
うさみエバあきこ
ジャム職人
埼玉県上尾市出身
季節を追った国産果物や野菜のジャムを作ります。 エバジャムを召し上がれ!

バックナンバー

過去の記事

カテゴリー

コメント

others